×

CATEGORY

HOME»  美味しいレシピ

美味しいレシピ

塩焼き

塩焼き

えび料理を代表する塩焼き。香ばしい香りと歯ごたえが最高です!

1.串を通す。

尾のケンの下より刺して、背の上の部分を刺し通しながら、頭を少し持ち上げて串を通す。

2.塩を打つ

(串を刺す前に塩を打ちますと、えびはぴんぴん跳ねてしまいます。)尾の部分には、塩をたっぷりとつけ、あとは20cm~30cm程度離して塩を打つ。

3.焼く

ガスレンジの中火で焼く。オーブンレンジでもよい。レンジのない時は、フライパンで蓋をして、時々蓋を開けて水気を飛ばし、返しながら焼く。

4.熱いうちに召し上がるのが最高です。頭まで殻ごと食べられます。

 

刺身

刺身

とろけるような甘さと繊細な味わい。最高に贅沢な一品です!

1.頭の部分は落として熱湯で半なま程度に湯がいた後、冷ましておく。
2.えびの尾の部分のみ赤くなるまでゆでる。
3.身の殻をきれいに取り、背の方より切り開く。
4.切り開いたえびを丸めて背を作り、形良く盛りつける。

※大ぶりのえびの場合は、頭・尾の部分を落としてゆがいて冷やしておく。身の部分は背に切り目を入れて背わたを取り、適当に食べやすい大きさに切り、頭・身・尾の順の姿に盛りつける。

天ぷら

天ぷら

上品で豊かな味わい。日本料理を代表する一品です。

1.下ごしらえ

・頭を落とす。腹側よりゆっくりとはずすと背わたも一緒にぬけます。
・尾の一節を残して殻をむく。
・えびの尾の先のとがったケンの部分を斜めに切り取り、尾の中の水を出しておく。
・えびが曲がらないように腹の部分に切り目を入れる。(手で身を伸ばしておけば、真っ直ぐ美しく揚げられます。)
2.衣を作る
・卵黄のみを冷水で溶いて、粉を入れ衣を作る。
  (強くかき混ぜ過ぎないように。)

3.油で揚げる

・衣を少し油に入れてみて、さっと上がるくらいになったら、えびに衣をつけて揚げる。この時、尾の部分は粉だけを軽くつけ水跳ねを防ぐ。
・油の中でエビがある程度浮き上がってきたら、更にその上に衣を薄めにして手でパッパッと振りかざせば、きれいな天ぷらができます。

4.天つゆの作り方

カツオ・昆布のだしがおいしい。
・だし汁4、みりん1、薄口しょうゆ1で調合する。
・薬味は、おろし大根、しょうが、ゆずごしょう、レモン等。

車エビの殻の唐揚げ

お子様のおやつやお酒のおつまみにぜひお試しください。一品増えて、ご家族の皆さんにお喜び頂けます。

               

1.お刺身や天ぷらなどで、むいた殻や頭をご利用ください。
2.殻に小麦粉をまぶします。このとき、水はねがしないくらいしっかりとまぶしてください。
3.サクサク・パリパリとなるまでしっかり揚げます。
4.軽く塩をふってお召し上がりください。
5.頭は、さらにしっかり小麦粉をまぶし、同様に揚げてください。

味噌汁・雑煮

お刺身・天ぷらなどで、はずされた頭は、沸騰したお湯に入れ、軽くあくを取り除いて、お味噌汁やお雑煮の具としてお楽しみください。

CATEGORY

INFORMATION

MENU